お葬式の知識

お葬式の準備|お葬式の準備|お葬式の準備|お葬式の準備

お葬式の準備について

医師より死期間近であることを宣告されたとき

1家族会議
1. ご遺体を安置する場所を決めておきます。諸事情によりご自宅へお戻りになれない場合、霊安施設をご案内致します。
2. 葬儀の形式と規模を話し合っておきます。
葬儀の形式・・・仏教、神道、キリスト教のほか無宗教など
葬儀の規模・・・個人葬、社葬と団体葬、合同葬、密葬と本葬、家族葬など
3. 依頼する葬儀社を決めます。ぜひ弊社にご相談下さい。
2準備
1. ご遺体を安置する部屋を決め、室内を整理しておきます。
お布団、シーツを準備します。
2. 訃報の連絡先を整理しておきます。
葬儀の通知、案内をどこまでするかを決めておきます。
3. 葬儀に使う遺影写真を選び出しておきます。
4. ご納棺時にお入れする副葬品を整理し、準備しておきます。
5. 喪服の準備をしておきます。
3葬祭サポーターとの事前相談
1. ご家族の想いやご要望を葬祭サポーターに伝えて下さい。
2. 宗教、宗派を確認します。
3. 葬儀を執り行う場所(式場)を決めます。
予想される参列者の人数、交通の便などを考慮します。
4. 予算を相談します。
葬儀プラン、事前見積書を作成致します。

危篤、臨終の連絡が入った場合

1病院などの医療機関にて
1. 近親者へ連絡します。
親族、会社関係への連絡は葬儀社との打ち合わせ後、葬儀の日時や場所が決定してからの方がよいでしょう。
2. ご遺体の搬送、弊社または提携葬儀社へ連絡します。
ご自宅へ搬送する場合、ご安置される部屋にお布団を用意して下さい。
ご自宅へお戻りになれない場合、霊安施設へご案内致します。
3. 死亡診断書は病院等からお帰りになる際に必ず貰っておきましょう。
2連絡と確認事項
1. まずご自宅へお戻り次第、葬儀社が『清拭』を行います。
2. 喪主は誰がなるのかを決めます。
喪主は故人にいちばん血縁が近い方が務めるのが一般的です。
3. 葬儀の日時と場所(式場)を決めます。
菩提寺がある場合には、必ず宗教者の予定も考慮して下さい。
4. 菩提寺(宗教者)へ確認の連絡をします。(日時と場所の確認、御布施、戒名の件など)
5. 親族、会社関係、知人などに連絡します。(日時と場所の案内、御供花の依頼、お手伝いの依頼など)
6. 役所への死亡届は葬儀社が代行致します。
担当者に死亡診断書と認印をお預け下さい。
7. 遺影写真の原稿(プリント、デ-タなど)を担当者にお預け下さい。
写真はなるべく最近写したもので、故人や家族が気に入ったものを選ぶ。以前は遺影写真といえば白黒が殆どでしたが、現在はカラ-が多い様です。
8. 葬祭サポーターがご家族の想いや考えに沿って葬儀プランを作成致します。
お見積書の内容を必ずご確認下さい。

LINE